シンプル英語のココロ

独学で米大学・MBAを卒業するに至った英語勉強法の紹介とアメリカでの経験に基づく所感

このブログについて

このブログについて

更新日:

People in a Meeting and Global Network Concepts

このブログの運営目的

この度は当ブログにご訪問頂き有難うございます。ブログ管理人のTatsuyaと申します。

このブログでは、私の経験を踏まえて、「アメリカ人相手に仕事ができる実用レベルの英語力」を身につけるための学習法をご紹介しています。

「アメリカ人相手に商売できるレベルの英語」といっても、英語ネイティブを目指すわけではありません。私たちがやることは、「中学英語」をマスターして、その基礎力をベースとして総合的な英語力の向上を目指して行くことです。

「中学レベルの英語でビジネスができるわけがない」と思われる方も多いと思いますが、この考えはまったくの誤りです。私の経験上、中学レベルの英語で十分に仕事ができました。

ソニー創業者の一人である盛田昭夫氏やソフトバンクの孫正義氏も、中学レベルの英語をベースとして、ビジネスで必要な単語やフレーズを「中学英語のテンプレート」に当てはめて話しています。彼らはこのやり方で、世界中のトップを説得してきたのです。

アメリカ映画やテレビドラマでの会話を聞いていても、使われている文法は中学英語レベルがほとんどです。中学レベルの文法に、ビジネスに必要な単語やフレーズを当てはめるだけで、無限に文章が作れます。私はこのやり方で支障なく仕事ができました。

学ぶ順番が重要

我が国は世界で最も教育レベルが高い国の一つです。その日本の高度教育を受けてきた人が、なぜか英語の習得に手こずっています。

本や教材を使って英語を勉強してみたが、1年後、2年後、あまり上達したように感じない。その証拠にペーパーバックと読んでもストーリーが把握できない・・・。映画を観ても半分も聞き取れない・・・。

このようなことを経験した方は多いと思います。

これは学習者の能力に問題があったわけではありません。また、本人の努力が足らなかったわけでもありません。

上達しなかった原因は「学習のステップ」を見誤ったからです。「1⇒2⇒3⇒4⇒5・・・」とやるところを、「4⇒2⇒3⇒1⇒5」とやってしまったら、上達するどころか、途中で苦しくなって勉強を諦めてしまいます。

何事も順序というものがあります。これを理解していないと、徒労に終わってしまいます。

当ブログ記事の内容と構成

このブログでは、以下のカテゴリーに分けて記事をご紹介して行きます。

  • 私の経験に基づいた英語の学習法の紹介
  • 英語学習に有益な書籍や教材、サイトなどの紹介
  • コラム的な記事(留学記やアメリカ生活の話など)

私の経験に基づいた英語の学習法の紹介

このカテゴリーでは、私が20代半ばでアメリカ留学を志した時に独学で行った英語学習法や渡米した後に実践していた学習法をご紹介します。

各ステップにてやるべきことを私の経験に基づいてご紹介して行きます。

英語学習に有益な書籍や教材、サイトなどの紹介

このカテゴリーでは、私が英語学習に有益と思われる書籍や教材を使って感想を書いて行きます。

確実に英語力を身につけるには、基礎力が重要になってきます。基礎力を身につけることを疎かにしてしまうと、アメリカに何年住んでも英語が上達しません。

しっかりとした基礎力があれば、たとえ日常的に英語を使う機会がなくても英語力は落ちないものです。「英語力が落ちてきたな」と思っても、英語に触れる環境に身を置けばすぐに元の英語力を取り戻すことが可能です(私自身が経験済みです)。

コラム的な記事

このカテゴリーでは、上記カテゴリーに属さない以下のテーマに関する記事を書いて行く予定です。

  • 私の留学体験記やアメリカ生活のお話
  • アメリカで知り合った英語が上手い日本人の勉強法の紹介
  • 英語学習に役立つサイトやニュースの紹介
  • その他、息抜き的な記事

英語をモノにするために重要なこと

私は永いアメリカ生活の中で、英語の上手い日本人に多く出会ってきました。中には在米僅か数年足らずにも拘わらず、「帰国子女なのか?」と思うような英語を話す人にも出会いました。

また、発音はそれほど上手くないが、言いたいことは英語で主張できる日本人にも多く出会いました。

そのような日本人がいる一方、大学や大学院に通う日本人留学生でも英語が上手く話せない人も多くいました。

両者の違いは何か分かりますでしょうか?

前者は明確な目的と目標を持ってアメリカに渡ってきた人たちです。

後者はただ単にアメリカ生活に憧れて渡米してきた人たちです。

何かを達成するには「目的意識」と「目標」が絶対に必要です。

また、同じように必要なのが勉強を継続させる力です。何かに興味を持ち続ければ継続することは簡単です。

「英語の習得は自分の目的を達成するために必要である」という認識で学習をしないと、途中で挫折する可能性が高いです。

目的と目標があれば、それを達成するために必要な行動は習慣となります。習慣になれば無理なく継続させることが可能になります。

私にとっての英語学習は、私の目的を達成するために必要な「ツール」だったのです。

ソニー創業者の一人である盛田昭夫氏やソフトバンク創業者の孫正義氏は、シンプルな英語を駆使して世界のビジネスマンを説き伏せて大きなビジネスを成功させてきました。

私たちが目標とするのは彼らのような実践的な英語力なのです。

ネイティブ並みの発音を身につけたとしても、人の心を動かす会話力がなければ、ちゃんとした大人のアメリカ人からはまともに相手をされません。せいぜい「英語の上手いアジア人」と思われるだけです。

「英語は難しい」という思い込みから解放されれば英語は必ずモノにできます。当ブログの記事があなたの英語・英会話学習の一助になれば幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

Tatsuya

(PR)

-このブログについて

Copyright© シンプル英語のココロ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.