≫ 英語の発想法を学ぶならこの教材!

Creative Pebbleは英語のリスニングに最適のスピーカー!会話音声を忠実に再現してくれる!

スポンサーリンク

効率的に英語の聞き取りの練習を行うためには、スピーカーの選定が重要になってきます。もしあなたの聴力が他人より優れているのでしたら、音が鳴ればどんなスピーカーでも良いでしょう。

しかし、人並みの聴力を持っているならば、スピーカーの良し悪しで、リスニング力の伸びが違ってきます。今回の記事では、私が実際に購入したスピーカーをご紹介します。

スポンサーリンク

英語がハッキリと聞こえる驚きの高忠実度

以前に私は英語が聞き取りやすいスピーカーを紹介しました。

英語のリスニングに適したパソコン用スピーカーはどれなのか?
今回の記事では、英語の聞き取りに適したスピーカーについてレビューしました。 安物のスピーカーでは正確に聞き取れない 私はこれまでロジクール PCスピーカーを使っていたのですが、これだと映画の英語が聞き取りづらく感じていました...

この時は、JBL Pebblesを絶賛していましたが、なんと!これよりはるかに英語が聞き取りやすいスピーカーを見つけました!

それが、Creative Pebbleです。

このCreative Pebbleですが、JBL Pebblesを購入する前に、候補に挙げていたスピーカーでした。

どっちにしようかかなり迷った挙句、結局、名の通ったJBLのスピーカーを購入しました。

まあ、JBL Pebblesも良かったのですが、断捨離をするうちに、もう少し安くて小さなスピーカーにしようと思い、JBL Pebblesをメルカリで売りました。

さすがに人気スピーカだけあって、それほど値を下げなくてもすぐに売ることができました。そして今回、Creative Pebbleを購入した次第です。

ちなみに私が買ったのは、一番安いバージョンのものです。

アマゾンレビューを信じてCreative Pebbleを購入

もちろん、Creative Pebbleの音を聞いたことがなかったので、少々不安でしたが、その不安を消し飛ばしてくれたのは、アマゾンユーザーさんのレビューでした。

この方は英語のリスニング用にPCスピーカーを使用されているようで、ロジクールZ1208w、JBL Pebbles、Creative Pebbleをすべて購入した上で、Creative Pebbleを推していました。

このレビューを信じてCreative Pebbleを早速購入して、映画を聞いたところ、音声の再現性の高さに衝撃を受けました。

Creative Pebbleは他の二つ(ロジクールZ1208w、JBL Pebbles)よりも、はるかにメリハリがハッキリとしているため、英語の一字一句がハッキリと聞き取れました。

「いままで使ってきたスピーカーはいったい何だったのか?」と言っても過言ではない、衝撃でした。

リスニングに苦しんでいる人にオススメ

英語ネイティブや聴力の良い人であれば、どのスピーカーでも問題なく英語が聞き取れると思いますが、そうではない人には音質が良いスピーカーを使用する方が、効率的にリスニングのトレーニングができます。

もし、あなたがリスニングで苦しんでいるのであれば、Creative Pebbleをオススメします。この価格帯でこれ以上のものはないと思います。

パソコン用スピーカーで一番音質が良いと思われるのは、恐らくBose Companion20 マルチメディアスピーカーでしょう。

私はこのスピーカーも試したことがあります。確かに音質は非の打ち所がないほど良いですが、それは音楽を聴いたりした時だけです。

映画の視聴においても良いのですが、低音が響きすぎるため、会話がそれほどクリアーに聞こえませんでした。

主な用途が英語の聞き取りであれば、ボーズよりもCreative Pebbleの方が断然オススメです。

コラム
↓ 英語の発想法を学ぶならこの教材 ↓
「英語が話せる人」の頭の中
英語が話せる人は、日本語を一語一句、直訳しようとはしてません。 英語を話す前に、できるだけ「シンプルな表現」に変換しています。 この「シンプルに変換すること」が、「英会話の大原則」であり、自分の言いたいことを、実際に口に出す前に、シンプルに、シンプルに、発想を変えていくということです。 英語が話せる人は、例外なく、これを体得しています。逆の言い方をすれば、これを体得しなければ、ずっと単語だけを連発する英語から抜け出せません。
スポンサーリンク
独学英語のココロ