英語の発想法を学ぶならこの教材!

英語運用術

教材レビュー

「hiro式・オンライン英会話スクール」を使ってみた感想・レビュー

英語を流暢に話せるようになるには、英語の発想で英作文する必要があります。つまり、日本語を英語にしていく時の「発想変換法」を知ることが大切です。「英会話の発想法」が英語を流暢に話すためのテクニックとも言えます。今回の記事では、スピーキング力を飛躍的にアップさせるテクニックが学べる教材をご紹介します。
多読

英語習得は「インプット ⇒ インテイク ⇒ アウトプット」の順番で勉強するのが最も効果的

英語力をアップさせるには目と耳からの大量のインプットが必要になってきます。そして、インプットしたしたことを使う(アウトプット)ためには、取り入れた情報(英語)を記憶に定着させるためのインテイクという作業が必要になってきます。今回の記...
プレイン・イングリッシュ

相手に伝わりやすい英文メールを書くするテクニックとは? – 「プレイン・イングリッシュの紹介と実践方法」 その4

プレイン・イングリッシュの真髄は「易しい単語」を使って「簡潔な文章」を書くことです。私たち日本人が英文でメールを書く際にプレイン・イングリッシュを使うことで、相手に伝わりやすい英文を書くことができます。今回の記事はこのシリーズ最後の...
プレイン・イングリッシュ

英語は肯定的な表現を用いることでより分かりやすくなる – 「プレイン・イングリッシュの紹介と実践方法」 その3

アメリカ政府も奨励するプレイン・イングリッシュでは、「易しい単語」を使って「簡潔な文章」を書きます。今回の記事では、表現に関するルールについて書きました。 ルール6:肯定的な表現を使う 肯定文は否定文より短い文章になりますの...
プレイン・イングリッシュ

英語は能動態と強い動詞を使うと伝わりやすい -「プレイン・イングリッシュの紹介と実践方法」 その2

アメリカの政府機関においては、公文書はプレイン・イングリッシュを使うことが法的義務となっています。今回の記事では、プレイン・イングリッシュの使い方をご紹介します。 プレイン・イングリッシュの使い方 それではプレイン・イングリ...
プレイン・イングリッシュ

相手に伝わる英語表現「プレイン・イングリッシュ」の紹介と実践方法 その1

アメリカの政府機関では、プレイン・イングリッシュを使うことが義務付けられています。プレイン・イングリッシュとは、いったいどんな英語なのでしょうか? プレイン・イングリッシュとは? 英語を社内公用語としている日本企業も存在する...
教材レビュー

酒井一郎氏の「Simple English Magic 81 + 文法テキスト付き」を使ってみた感想

「英語の習得は難しい」というのは、メディアや英語教育でお金儲けをする人たちによる刷り込みです。英語習得のコツと勉強法を身につけると意外と簡単に上達できてしまうものです。 「英語は難しいという洗脳」から解放してくれる教材 私...